ピアノとは、音楽とは。結城美帆子

音楽が、人々を幸せにしてくれるわけではない。音楽で、幸せになれるわけでもない。ピアノを習っているからと言って、幸せになれるわけでもない。だけど、音楽は、欲動をもたらしてくれます。音楽は、人々に癒しと生きる力を与えてくれます。ピアノを習うと言うことは、音楽を学ぶと言うことです。音楽は、目には見えないもの、心に作用します。よって、ピアノを習うことにより、心が動かされ、欲動をもたらし、心が豊かになります。人間の心は、法律で縛ることも、どんなにお金を積んでも買うことができない尊いものです。ピアノを習うと言うことは、法律で縛ることもできない、どんなにお金を積んでも買うこともできない、価値のあるもの「心」を豊かにすると言うことなのではないでしょうか。先日の「自閉症研究会」で、マルクスの話がでましたが、経済も精神分析に通じるところがあるようです。精神分析は、「人間とは」と考えます。精神分析は、「人間と動物の違い」を考えます。人間と動物の違いは、「言語」が有るか無いかです。精神分析は、「言語の世界」とか「言語活動」とか言います。精神分析では、自閉症者は、言語の世界へ入れないと考えます。音楽は、言語を使わなくてもコミュニケーションが可能です。ゆえに、自閉症者へのピアノのレッスンが可能であり、言語の世界へみ導くことも可能になるのです。