ピアノが習い事に良いと言われている理由。結城美帆子

①努力の結果が明確……ピアノは努力すればするほど上手になります。コンペティションに参加されると努力が結果としてついてきます。

②繰り返し練習の習慣……ピアノは繰り返し練習をしないと上手に弾けるようになりませんので、習慣が身につきます。

③成功体験の連続

④ピアノが上手に弾けるようになるには、親の姿勢も重要な為、親が子供に接する姿勢も身につきます。

⑤成功体験を繰り返し得られることにより、子供に自信がつきます。……親の姿勢も問われるのがピアノのレッスンであり、その覚悟は必要です。親も子供も一緒に成長できるのがピアノのレッスンです。

【子供にピアノを継続させ、自信を持たせるテクニック】

ピアノを練習させる目的をはっきりさせること。

親は、子供に何の為にピアノを習わせるのか?ピアノを通して子供に何を学んで欲しいのか?明確にしましょう。

ピアノは、自信と継続して努力することの大切さを学べます。

子供にピアノを継続させ、自信を持たせるには、親の姿勢が大切です。

子供にピアノを継続させ、自信を持たせるには、①子供が自信を持てるようにしてあげること 、②努力ができるようにしてあげること 、③テクニックが身につくようにしてあげることです。