ピアノが上手になるためには『楽しい』と思える事が大切です。結城美帆子

『楽しい』と言う気持ちから、「ピアノっておもしろい」って思えるようになり、ピアノが好きになります。好きになったら『好きこそ物の上手なれ』とことわざにもあるように、ピアノが上手に弾けるようになるでしょう。趣味は、楽しむためにあるのですから、充分に楽しんで頂きたいと思います。しかし、将来ピアニストやピアノの先生を目指す場合など職業にする場合は違います。なぜなら、仕事はプレイじゃないからです。仕事は、大変です。仕事は、辛い事もたくさんあります。仕事は、楽しい事ではありません。仕事には、天職と適職とがあると思っております。仕事は、やりがいがあるかどうかが大切なのではないかと思います。仕事は、生活の糧を得る事ですから趣味のように楽しい事ではありません。私はピアノを教える事を仕事にしており、生活の糧にしておりますので、私にとってピアノは楽しい事ばかりではありませんが、ピアノを弾くのは好きなのでプライベートではピアノを充分に楽しんでおります。ピアノを教える仕事をしていて、一番辛いのは、本人はピアノを楽しいと思っていないのに親に言われてレッスンに連れてこられている子供を教えなければならない時です。やる気がない生徒に教えるのは辛いです。「弾けるようになりたい」と心から思っている人にピアノを教えるのは、どんなに理解力が乏しい人でも、どんなに飲み込みが悪い人でも、苦になりません。