ピアノが上手なお子様に育てるには。結城美帆子

まず、お子様がピアノを好きになることです。そのためには、ピアノを好きになれる環境が大切です。小さいお子様にとって、ピアノはオモチャの一つですから、他のオモチャ同様にいつでも遊べるように(音が出せるように)してあげると良いと思います。最初は、本物のピアノでなくても良いのです。オモチャのピアノでも良いのです。子供は、音の出るものに興味を示し、好きになるようです。ピアノが上手くなるには、相当練習をしなければなりませんので、本人が心から「ピアノが上手くなりたい」と願うことが必要なのです。ピアノは、「練習しなさい」と親に言われたくらいで上手に弾けるようになれるようなものではありません。練習と言う毎日の努力が必要ですが、努力を楽しめるようになると良いです。ピアノを弾くことが好きであれば、練習とはおもわず、楽しいから弾いていると言うようになります。「練習しよう」と声かけをするのではなく、「一緒にピアノ弾こうか」とか「ママ、〇〇ちゃんのピアノの聴きたいな」などと促すと良いと思います。子供たちは、パパやママにピアノを聴いて欲しいのです。子供たちにとって、ピアノはパパやママとのコミニケーションの一つのようでもあるようです。