タマネギの皮のお茶を始めました。結城美帆子

還暦を過ぎると、健康で良い仕事ができるために身体に良いものを摂取しないと、命の炎が消えてしまいますから、じゅうぶんに吟味して食べるものを頂いております。

血圧を上げないように、血糖値の乱高下をしないように、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの比を上げないように、中性脂肪を上げないように、食事を頂いて運動をして健康管理をしております。

若い頃は、食べたいものを食べておりましたが、50歳過ぎに食べたいものを食べる生活をしていたら、大変なことになります。

本当は、幼少期から食べ物は大切です。

食育は大切です。

身体は、日々食べたものの積み重ねでできてますから、日々の食事は大切です。

血圧をコントロールする為に、毎朝晩トマトジュースを飲んでいるのですが、水分補給に、タマネギの皮のお茶を始めました。

タマネギの皮には、白いところの30倍ものケルセチンが含まれているのだそうです。

タマネギは、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

人間は、血管から老いると言われますから、血管を大切にする必要があります。

ポカリスエットは、血糖値を上げますから注意が必要です。

お茶やコーヒーは、利尿作用がありますから、お水を飲まないと脱水になります。

外出で、水分補給にお茶やコーヒーを飲む人もいると思いますが、脱水になりますから、やめたほうが良いです。

私が管理栄養士さんにすすめられているのは、お水か麦茶です。

毎日2リットルの水分補給をするように言われております。

今は、熱中症予防を考えて、ミネラルウォーターとタマネギの皮のお茶を交互に一日2リットルを目安に飲んでおります。