ジレンマ。結城美帆子

私は、30年間たくさんの発達障がいの子供のピアノを教えて参りました。

3年〜4年くらいで多くの子供は、普通にピアノが弾けるようになります。

普通にピアノが弾けるようになるということは、発達障がいの脳が活性化して神経回路がつながり改善しているということなのです。

自閉症スペクトラムやADHD・LDなど発達障がいは、脳の機能障がいです。

脳を活性化させシナプスを増やしニューロンをつないであげれば、発達障がいは改善され、発達障がい者による痛ましい事件は起きなくなることでしょう。

私のピアノを教えている目的は、この世から犯罪者を無くすことです。

人間は、産まれた時はみんな天使です。

なのに、人間が人間を殺すというおぞましい事件を起こす人間が生まれ、殺人者をまた人間が裁き人間を殺してしまう、負の連鎖です。

殺人という凶悪な事件を起こす人は、脳に問題があるということも言われますが、現在は刑事責任能力の有無を決めるのは裁判官だけです。

医師は、鑑定をして鑑定書を提出するだけです。

発達障害や人格障害は、これまでの裁判では責任能力有りとされ、最悪の場合は死刑が求刑され執行されております。

精神障害者は、死刑にはなりませんが、裁判すら受ける権利を剥奪されるのです。

愛情は、脳の栄養素となりますから、愛情不足で人格障害を患うこともあるようですが、発達障害は愛情不足ではなく脳の問題なので脳を活性化させてあげれば改善できるのです。

人格障害は、一人でも本当の愛を与えてくれる人に出会えれば改善できます。

「愛とは、無を与えること」とラカンは言っております。

本当の愛とは何かを知り、本当の愛を与えることができる人は非常に少ないと思いますが、もし、オーム事件を起こした麻原彰晃こと松本智津夫元死刑囚が本当の愛を与えてくれる人に出会うことができていたら、地下鉄サリン事件は起こらなかったと思いますし、たくさんの優秀な頭脳の持ち主を死刑にするようなことにもならなかったのではないかと思います。

死刑になった一人は筑波大学で学んだ人です。

虐待されて育った人は、虐待をしてしまい、虐待の連鎖ができてしまいます。

音楽は、愛を与えることもできますし、脳を活性化させることもできます。

私は、音楽の力で、この世から犯罪も犯罪者も無くしたい、みんなが安心して暮らせる世の中にしたい、「戦争しかない」などとバカなことを言う東大出のおバカ議員もいるようですが、普通の人間には出来るはずです。

発達障害は、私のピアノのレッスンで改善できますので、ご安心ください。

たくさん実績が有りますが、個人のプライバシーの問題があるので公に公表出来ないのがジレンマです。

「うちの子は軽度の発達障害なので」とお連れになられる親御さんがけっこう多いのですが、おそらく知的障害がないお子さんを軽度と言っているのではないかと思いますが、ピアノの教える上では、脳にアプローチをするので軽度も重度も同じなのです。

私は、精神分析的なアプローチをします。

精神分析とは、患者(生徒)の無意識を感じ、分析(レッスン)を進めていきます。

シナプスは2、3歳で出来上がると言われておりますので、発達障害を改善するためには、なるべく早くレッスンを始められることをお勧め致します。

お子様の発達障害が改善されると、親御さんたちは、自分の子供が発達障害だったということをお忘れになられるようです。

発達障害が改善されたかどうかは、ピアノがうまく弾けるようになったかどうかで判断できますので、ピアノがうまく弾けるようになると他のこともできるようになっていると思いますから、発達障害ということが気にならなくなるのです。

でも、指導者としては、発達障害の子供にピアノを教えるのはすごく大変なのです。

軌道に乗せるまでは、精魂使い果たすくらい大変なのです。

軌道に乗ってしまえばそんなに大変じゃないですけどね。

ある程度脳の中が繋がるまでは、大変なのです。

大変なだけやりがいがありますけどね。

このレッスンの方法は、精神分析を学び、自ら10年以上教育分析という訓練を受け、精神分析家としての肩書きも持つ結城美帆子だから出来ることです。

このレッスン方法は、一般の生徒さんにも適応できるのです。

たえず生徒さんの無意識を感じレッスンをしますので、生徒さんの心の状態と言いますか、生理学的に言えば、心は脳ですから、脳の状態を把握しないと本来ピアノのレッスンで出来ないのです。

ピアノの指導とは、生徒さんの脳の回路を繋がるように導くことなのです。

けして、教えることではないのです。