ショパンポジション。結城美帆子

幼児でもショパンポジションを教えると、MP関節がしっかりして、脱力もでき、力まず綺麗な音で弾けるようになっております。私は子供の頃は、フンメルポジションだったので、ショパンを弾くようになってから、ショパンポジションを学び、チェルニー30番練習曲をショパンポジションで学び直しました。現在は、習い始めの段階からショパンポジションを教えております。