シニアの生徒さんへの想い。結城美帆子

まずは、ピアノを楽しんで頂きたいと願っております。次に、少しづつレベルアップをして頂けき、よりピアノを楽しんで頂けることを願っております。ピアノは、趣味で楽しみたい方も、専門的に学びたい方も、入り口はみんな同じとおっしゃる指導者がおりますが、覚えることは、趣味も専門も同じだと思いますが、40年近くになる指導経験から、趣味と専門は、学ぶ深さが、最初から違うように思います。ピティナピアノコンペティションに参加希望の生徒さんと、参加をしない生徒さんと、同じことを求めて指導をしたら、おそらく、コンペティションに参加しない生徒さんは、ピアノが嫌になりピアノをやめてしまう可能性があると思います。子供と大人の生徒さんにも同様のことが言えるのではないかと思います。生徒の皆様は、それぞれ求めている到達地点が異なりますから、それぞれ求めている到達地点に合わせた指導が必要なのではないかと思います。生徒さんの求めている到達地点を見極め、生徒さんの願いを叶えることが、指導者の務めではないかと思っております。生徒さんの求めている到達地点を見極めることが、一番難しいのです。コンペティションに参加したい方や音高音大受験生などは、本人や親御さんのはっきりした目的目標が定まっているので、こちらが到達地点を見極める必要がないため、案外指導がしやすいのです。