オンライン授業について個人的な意見

オンライン授業は、指導が上手な指導者の授業をみんなが受ければ良いのではないでしょうか?

私立の小学校は、小学1年生から教科担任制を導入している学校があるようですが、わかりやすいのではないかと思います。

音楽にしても、バイエル程度がやっと弾けるくらいの先生が、音楽の指導をされるのはいかがなものでしょうか?

子供達に、音楽の楽しさや音楽で得られる喜びを教えられるのでしょうか?

時々、教員採用試験を受けるのでと、採用試験の課題曲のレッスンを頼まれることがありましたが、ピアノって積み重ねが大事なので今は1曲だけのレッスンはお断りをしておりますが、そもそも、採用試験に合格することを目的にピアノを習うというのはどうなのでしょうか?

そのようなお気持ちでピアノを習った方に、私にとっては神聖な音楽を教えて欲しくないです。

小学1年生から、専門的にお勉強された先生が教えたほうが、子供達は分かりやすく学べるのではないでしょうか。

オンライン授業だったら可能ではないでしょうか?

以前、NHKで「中学生日記」とか、「小学一年生の理解」とか、テレビ番組があったと思います。

学校では、テレビを観る授業もあったと思うのですが、、、、

担任の先生は、子供達の様子を観察し、わからないところをフォローするようにするのはいかがでしょうか?

学校は、社会性も学ぶところではないかと思うので、家でオンラインで勉強すれば良いということはないと思います。

オンライン授業は、経済的なことだけではなく、家庭の事情で難しいお家もあるのではないでしょうか?

ピアノのオンラインレッスンも、親御さんの協力が必要です。

学校で、指導が上手な先生の授業をオンラインで受けられるようになるのは良いと思います。

以前、教科担任制の学習院初等科1年生の国語の授業を拝見させて頂いたことがあるのですが、非常にわかりやすかったのです。