オリンピックとパラリンピックを中止にすべきです。結城美帆子

色々なイベントが中止されている中で、なぜ日本政府はオリンピックとパラリンピックの中止の決断をしないのか?

日本政府が、オリンピックとパラリンピックの中止を決断すれば、国民は本気で自粛するのではないでしょうか?

日本ピアノ指導者協会(ピティナ)だって、セミナーやステップを中止して自粛しているのです。

演奏会も中止してます。

なぜオリンピックとパラリンピックは、中止にしないのでしょうか?

国民に色々な自粛を要請するのであれば、まずは自らが自粛して欲しいと思います。

今の現状で医療崩壊を防ぐには、感染する人と感染していない人をはっきり分けて不安を解消することではないでしょうか?

介護する人がいなくなったら、新型コロナウイル以外で死ぬ人が増えると思います。

つくば市の介護施設の職員が感染した結果、施設はストップして利用できなくなっていおります。

訪問介護や訪問リハビリもストップしているようなので、利用者は大変なことになっていると思います。

千葉県の施設のように障害者が感染したら、入院を引き受けてくれる病院は非常に少ないと思います。

新型コロナウイルは、教会の神父や牧師も聖油を与えることもできず無力ですね。

お坊さんも同じようですね。

本来、聖職者はダミアン神父のように自分の死を恐れず、死者に寄り添うものではないかと思いますが、聖職者も同じ人間ということがはっきりして良かったと思います。

カトリック教会は、ミサを中止してます。

宗教は、いったい何のためにあったのでしょうね?

宗教では、人間の心を救えないということですね。

私は、音楽は人間の心を救えると思ってますので、自分が元気でいられる限りレッスンを続けるつもりです。

私は無宗教ですが、写経をしたり、賛美歌を歌ったりして、毎日私なりの祈りを捧げております。

神様は、自分の心の中にいると思っております。

仏様は、わかりません。

神様と申しましても、イエスキリストでもなく、アッラーでもありません。

でも、これまでの人生の中で、神様の力、神様のお導き、なんて思えた経験があるのです。

あの時、死んでもおかしくなかったと思えるのに、いま生きていられる経験とか何度かあるのです。

だから、生かされていると思うようになりました。

だから、精一杯生きようと思うようになりました。

だから、精一杯レッスンをさせて頂いております。

自分のミッションは、次へつながる人間を育てることのように思うのです。

私がピアノの指導を通して、自分を愛し他者を愛し社会に貢献できる人間を育てることが私に与えられたミッションのように思うのです。

愛される経験が、自分を愛し他者を愛することができます。

たくさんの愛で子供たちを育てましょう。

人間は、愛がないと育ちません。