エルメンライヒ作曲「つむぎ歌」のレッスン。結城美帆子

小学3年生女の子。

今日のレッスンは、ハノン・チェルニー・エルメンライヒ作曲「つむぎ歌」でした。

「つむぎ歌」を弾き終えて、次の曲の譜読みのレッスンをしようとしましたら、

「もう一回弾いていいですか?私この曲好きなの」と申しましたので、

「いいわよ」

と申し上げました。

好きな曲があるということは、ピアノの上達の為にとても良いことです。

指導者として、生徒さんの心の成長に幸せを感じました。

子供って、少しづつですが確実に成長しているのです。

自分の気持ちを他者に伝えることは、生きていく上でとても大切なスキルです。