みんな悩む時もあるのです。結城美帆子

学校の先生のイジメが問題になっているようですが、学校の先生も人間ですから、悩む時もあるでしょうし悪いと思われることをしてしまうこともあるでしょう。

心のケアを専門に仕事をしているスクールカウンセラーや認定心理士も精神科医も、子供時代はありましたし、子供を持つお父さんやお母さんだったり、私の知り合いで嫁姑の問題で悩んでいる臨床心理士もおりますし、子供が引きこもりで悩んでいる精神科医もおりましたし、自閉症スペクトラムの子供を育てている臨床心理士もおります。

私だって悩むことはあります。

悩みを抱えた時、エリクソンの心理学で言えば、統合できるか絶望するかのどちらかではないかと思います。

絶望は、最終的に自死を意味します。

では、絶望ではなく、統合できるためには、どうしたら良いかです。

その為には、英知が必要です。

私は、悩み事が生じた時は、それぞれ信頼できる専門家に専門的な知恵を授かりに行きます。

専門的な知恵をいただくのですから、当然お金もかかりますが、具体的な解決方法が見つかります。

カウンセラーにカウンセリング料を支払って、ただ悩みを聞いてもらうだけでは具体的な解決はできませんので、お金と時間がもったいないと思います。

精神分析は、自分の無意識の心の中を整理し知る手がかりをいただけますので、精神的に強い方の場合は、精神分析はおすすめです。

私は、何か問題が生じた時は、いつもお世話になっている弁護士・税理士・司法書士・医師のどなたかに相談に行きます。

カウンセラーや友人に愚痴を聞いてもらっても、何の解決にもなりません。

私が今のような生き方ができるようになったのは、15年精神分析を経験したからです。

精神分析を経験する前の私は、悩みが生じると、まずは眠れなくなったり、悩みに囚われて仕事が手につかなくなったり、家族や生徒さんなど周りに迷惑をかけておりました。

精神分析を経験してからは、悩んでもしょうがないことは悩まないようになりましたし、必要があれば専門家に相談に行きますし、今を精一杯生きられるようになりました。

精神分析を経験する前は、教えにくい生徒さんのことで悩んで頭がいっぱいになり疲弊していたこともありましたが、精神分析を経験して、教えにくいのは自分自身に問題があることに気がついてからは、教えることで悩むことはなくなりましたし、教えるのが以前に増して楽しくなりました。

もし、学校でいじめを受けているような方がいたとしたら、信頼できる弁護士さんに相談されることをおすすめ致します。

信頼できる弁護士を探すのって難しいですけどね。

信頼できる人から紹介してもらうのが一番だと思いますが、裁判所に足を運んで裁判を見学するのも良いと思います。

私は、時間がある時は裁判を傍聴しに行きます。

弁護士も得意分野があるようですし、相性も大切に思います。

私の現在の顧問弁護士は、20年以上お世話になっている司法書士の潮田先生に紹介していただいた方です。

ブログでお名前を教えることはできませんが。