なぜ、勉強するのか?結城美帆子

なぜ、勉強するのか?心身ともに健康で長生きするため。ピアノは、脳と心の健康に役に立つと思います。高学歴の人の方が、認知症になりにくいとも言われております。健康で長生きするためには、食事と運動と読書だそうです。どれも、知識を必要としますね。なぜ、勉強するのか?下世話な言い方をすれば、稼げる人になる為ではないでしょうか。子供にピアノを習わせる理由は、稼げるだけの人ではなく、心も豊かなに、より幸せな人生を送って欲しいと願う親心ではないかと思います。豊かな心とは、どんな心でしょうか?心って、目には見えないですから、わからないと言えば、わからないですよね。私は、子供の頃にレッスンを受けた丸山先生に「あなたは、心がある人ね。あなたには、天分がおありになるのよ。」とよく言われておりました。当時は、心とか、天分とか言われても、何を言われているのかわかりませんでした。音楽高校でお世話になった先生にも、東先生にも、その後レッスンを受けた先生にも、「あなたは、心がある人ね。」とよく言われました。でも、言われている私自身は、無理にしていたり、わざとしていることではないので、先生たちが言っている意味がいまだにわからないのです。一つだけ言えるとしたら、私は感情移入がしやすいです。すぐに、相手の気持ちを無意識に想像してしまいます。音楽だけではなく、日常生活でも、相手の仕草や言動から、どんな人なのかを想像してしまいます。想像力は、すごいかも知れません。なぜ、こんな私になったのか?おそらく、小さい時の読書ではないかと思います。私は、アレルギー体質で虚弱だったので、あまり外で遊べなかった為、よく本を読んでおりました。ベートーベンの作品を演奏する時は「ベートーベンて、どんな気持ちでこの曲を作曲したのかな?」とか、「モーツアルトは、どうだったのかな?」とか、考えようと思わなくても、自然に想像してしまいます。癖みたいな物のようです。