どんな時でも、どんな状況下でも、心は豊かでありたいと思います。結城美帆子

新型コロナウイルスは、人間の心までも痛めつけているように思います。

働いて収入を得られている人と、自粛要請で収入を絶たれている人がいる。

収入を得られている人は、自粛要請で収入を絶たれている人の心の痛みに想いを馳せることができているだろうか?

確かに、新型コロナウイルスを診ている医療従事者は大変な思いで業務をこなしていると思いますが、自粛要請で営業ができなくなり収入を得られなくなっている人たちだって大変な想いをしているのではないでしょうか?

文化芸術は、人間の心を豊かにし、人間の心を維持する為に重要なものです。

なのに、今、ホールで生の演奏を聴くことができなくなっているのです。

歌舞伎座で、生の歌舞伎を観ることができないのです。

美術館も閉まっております。

人間の心が貧しくなったら、妬みや嫉妬の感情が芽生え、暴行や殺人が増えるかもしれませんね。

ピアノを習っている皆さん、コロナからの夜明けは必ず訪れますから、演奏ができる日に向けて、心豊かにピアノを弾いてください。

結城美帆子門下生の皆さんは、コロナ明けに用意しているお楽しみコンサートの向けて、心豊かにピアノの練習をしてくださいね。

お父様、お母様も、ぜひ連弾にご参加くださいね。

音楽は、どんな時でも、どんな状況下でも、人間の心を豊かにしてくれます。