どんなに辛くても自殺しないで欲しい。結城美帆子

親子で無理心中や、ホテルで2人自殺したり、焼身自殺をされた人、などなど、自殺者が増えているようです。

生活苦、介護疲れ、辛いですね。

しんどいですね。

誰にも相談できないんですよね。

苦しいですね。

この苦しみから解放されたいですね。

恥も外聞もなく、ただ生きることだけを考えて欲しい。

プライドを捨てることができれば、生き延びることができます。

プライドを捨てることは、とっても辛いことです。

とっても辛いですけど、生きて欲しい。

あなたの生き様が、人間を育てることになるのです。

私は、最期まで生き切るつもりです。

どんな状態になっても、最期まで生きようと思います。

新型コロナウイルスの前は、尊厳死や安楽死を考えておりましたが、新型コロナウイルスでお亡くなりになっていく方々を見ていて、今は、なぜかわかりませんが、どんな状態になっても最期まで生きなければいけないのではないかと思うようになっております。

認知症の人や、精神に障害がある人、知的障害者、身体障害者、色々な人がいるのが社会です。

尊厳死や安楽死を考えていたということは、本当に恥ずかしく思いますが、自分は認知症や障害者になってまで生きていたくないと無意識ではありますが、心のどこかで思っていたからではないかと、猛反省をしております。

新型コロナウイルスは、自分の愚かさを気づかせてくれました。

新型コロナウイルスは、たくさんの学びを与えてくれております。