どの業界でも、一生懸命にやっている人と、腰掛でやっている人がいるようですね。結城美帆子

母のデイサービスを探していて、事業所の看護師のほとんどがパートタイマーの非常勤職員との事には驚きました。看護師しかできない処置だってあります。経営者側の問題なのでしょうか、看護師側の問題なのでしょうか、利用者のことを考えてただけないでしょうか?パートタイマーは所詮おこずかい稼ぎですから責任がないので勤めやすいのですかね。でも、看護師は、命を預かっている仕事なのですよ。ピアノの先生の中にもおりますよね。子供が熱を出したからレッスンを休みにするとか、家族旅行行くからレッスンを休みにするとかとか、このような先生は、生徒のことを中心に考えていない先生ですね。病気で入院しているのをブログで書いているような先生もいるみたいですが、一生懸命に練習をしている生徒たちにとったら2週間無駄になるのです。ピアノの先生は自己管理が大切なのです。本当に困った時に融通を聞かせてくれる医師を持っていることも大切なのです。生徒は先生が良くなるまでレッスンを待っていてくれる思いますが、練習サボれる、と思う生徒もいるかもしれませんね。私は東敦子先生、丸山徳子先生、中川順子先生に「レッスンは生きている限り休んじゃダメだよ」と三人三様に言われ、私も守っております。自分のことも親のことも子供のことも旦那様のことも、全て完璧にやって仕事も完璧にやる事など不可能ですので、他者に迷惑をかけないようにするために、自分の人生何が大切かを考えて、何かを守るためには何かを捨てなければならないことがありますので、自分の責任において選び、選んだのであれば最高のパフォーマンスができるように死に物狂いで努力するのです。だって、幸せは何かの犠牲の上にあるのですから。