とっても嬉しく幸せに思うこと。結城美帆子

小学2年生女の子のレッスンがありました。2歳になる前からレッスンにお越し頂いておりますので、絶対音感も身につき、今年はピティナピアノコンペティションに参加して、残念ながら全国大会までは進めませんでしたが、地区予選を通過でき、地区本選に進む事ができました。毎週とても良く練習をしてきてくださっており、嬉しく思います。昨日のレッスンでは、私が課題に出していない教則本の最後に連弾の曲があるのですが、お家でママと連弾を楽しまれているようで、とても嬉しく幸せに思いました。お母様やお父様がお子様と連弾などをして一緒にピアノを弾いてくださると、お子様はだんぜんやる気が増します。どうぞ、皆様でピアノを楽しんでください。ピアノの指導者とは、皆様にピアノを楽しんで頂くための黒子だと思っております。親子でピティナピアノコンペティション連弾部門に参加して楽しんでくださっている方もおります。ピアノを大いに楽しんでください。ピアノは、楽しむ為にあるのです。ピアノは、より豊かな人生を送る事ができるようにあるのです。ピアノは、心豊かに生きる為にあるのです。