ご家庭での練習について。結城美帆子

私の理念として「ピアノは、楽しむものと」と思います。ですから、本当は「練習」と言う言葉は使いたくないのです。「ピアノは、楽しいから弾きたい」と思って頂けることが私の願いです。もちろん、上手に弾けるようになる為には、練習も必要ですが、「もっと上手く弾けるようになって、もっとピアノを楽しみたいから、ピアノを弾いています」と言って頂けることが私の願いです。ピアノを弾くことが「苦」になるような練習は、本末転倒です。お子様の場合は、お父様お母様が一緒にピアノを弾いて楽しんであげると、お子様のピアノを弾く時間が格段に増えます。けして高度な曲でなくてよいのです。一本の指で「ちゅうりっぷ」を弾いてあげるのも良いです。子供が親しみやすい童謡などが良いのです。お子様が習っている曲を一緒に弾くのも良いです。上手く弾けなくても良いのです。お子さんに「〇〇ちゃんじょうずね。ママにおしえて」なんて言うと、子供は得意になってピアノを弾き教えてくれると思いますよ。子供は、上手になるってどう言うことかわからないですから、ピアノが上手になるってどう言うことかある程度わかる年齢になるまでは、お子様の幸せを考えてある程度大人が導く必要が有ると思います。お子様が「ピアノって楽しいな」と、思い続けられるように一生懸命に考えて指導をさせて頂きますので、宜しくお願い致します。