ご家庭での練習について。結城美帆子

毎日30分位練習出来るように習慣ずけましょう。習い始めの小さいお子様はフラッシュカードでの譜読みの練習とピアノを弾く練習で30分出来ると良いですね。バイエル終了からは最低でも毎日1時間程度練習しないと上達出来ませんので、導入時から練習の習慣をつけましょう。子供は一人で自ら練習するのは無理なので、傍に座って練習を聞いてあげると良いと思います。ピティナピアノコンペティション全国大会出場者は、幼稚園生でも毎日3時間は練習しているようです。習い事でピアノが良いと言われる理由の一つは、忍耐力が付くからです。ピアノがそれなりに弾けるようになった人は、それ相応の継続した努力をした人です。毎日ピアノの練習を5、6時間していた人ならば、5、6時間の受験勉強は何てことないでしょう。人生を成功に導く為に、ピアノで努力ができる人に育てませんか。私は、いまだに努力の毎日ですが、苦だとは思いませんし、何と充実している人生を歩んでいるのだろうと思います。