これから活躍する子って、どんな子?

精神科医&東大受験指導の第一人者和田秀樹先生の著書には、

①高い目標に向かって頑張れる子

②自分の意見をきちんと表現できる子

③相手の立場に立って心配りができる子

と書いてありました。

自分のお子さんは、どうでしょうか?

これから活躍するお子様に育ってますか?

親の価値観に基づいた子育ての方針=グランドプラン

我が子が社会の中で幸せになる為に、どのような人間に育って欲しいかという、親の価値観に基づいた子育ての方針が、まず先になければ、その子の為にどんな躾を選択するのか決めることはできません。

お子様にピアノを習わせる時も、どのような人間に育って欲しいのか?その為に、ピアノのレッスンで何を得て欲しいのかをお伝え頂けると指導プランが立てやすいです。

ただ、漠然とピアノが弾けるようにと言われた場合、親が求めているものと指導者が求めているものが違う場合があり、レッスンは上手くいきません。

私は、ピアノのレッスンを通して、困難に負けない生きる力を育てるレッスンをしており、自立して生きて行ける人間を育てることをピアノ教育の目的として指導をしておりますので、ピティナピアノコンペティションやブルグミュラーコンクールなどを活用しております。

ただピアノが少し弾けれようになれば良いとお考えの方は、当教室の指導方針に合わないと思います。

ピアノを習う明確な目的がない方には、何をどのように教えたら良いのかがわからないのです。