お家でピアノが楽しめる環境を。結城美帆子

お子様がお小さい時は、ピアノはみんなが集まるリビングに置かれることをお勧めいたします。お子様は、ママやパパに聞いて欲しくて一生懸命練習をします。お子様にとって、ピアノは自分を見てもらう道具でもあり、またコミュニケーションの道具でもあるようです。5年生くらいになり本格的にピアノの練習ができるようになりましたら、ご自分の部屋などピアノのお部屋があると良いと思います。身体の成長と精神の発達から考えると10歳からはどんどん弾かせても大丈夫と言われております。お子様の年齢に合わせて環境を変えていくと良いと思います。