お家での練習について

私の教室では、親御さんがお家でピアノを教える必要はありません。

ただ、ほったらかしにして良いとは思いません。

お子さんが、練習方法を間違っている時は、「結城先生は、どうやって練習するように言ったかな?」とか声かけや、メトロノームを使って練習をしていない時は、「メトロノームは?」とか、弾いた回数をカウントしてあげるのも良いと思います。

渡部由記子先生は、「100回が1回よ、1,000回は練習しましょう。10,000回練習しても上手く出来なかったら考えましょう。」と、おっしゃいます。

10回までは数えられるかもしれませんが、数えることで弾くことに集中出来なくなりますから、野鳥の会の方が使っているカウントするものを使うと良いと思います。

100円ショップで売っていると、渡部由記子先生が教えてくださいました。

親御様は、教えるのではなく、指導者が言った練習ができているかを確かめて導いてあげてください。

教えるのは難しい指導者の仕事です。

親御様は、サポートをしてください。

よろしくお願い致します。