お子様の爪を見て想像すること。結城美帆子

幼児や小学生の低学年くらいの小さなお子様は、親御さんに爪を切って頂いているのではないかと思います。

そんな中、時々に爪が伸びていてピアノが弾きにくい状態でレッスンにお越しになられるお子様がおります。

また、髪が長いお子様で、グシャグシャになっていて目に髪が下がりピアノが弾きにくい状態のお子様もおります。

大変かと存じますが、お子様が気持ち良くピアノが弾けるようにしてあげてください。

宜しくお願い致します。

あと、私の個人的なお願いですが、当教室には、アレルギー体質の生徒さんや喘息の生徒さんもレッスンにお越し頂いておりますので、犬や猫の毛をレッスン室に持ち込まないようにしてください。

時々、お洋服に動物の毛がたくさん付いている状態でレッスン室にお入りになられる生徒さんをお見かけしますので、宜しくお願い致します。