「夢」結城美帆子

久しぶりの夢でした。

人間は、寝ている時は夢を見ているとのことです。

目覚めた時に憶えているのは、目覚めたタイミングによるみたいです。

昨夜は、夜中一度もトイレに起きなかったので、よく眠れたようです。

脳梗塞予防の為に、寝る前に水分補給をして寝ますので、夜中にトイレに起きることがけっこうあるのですが、昨夜は一度もトイレに起きませんでした。

精神分析的には、とても象徴的な夢でした。

『何かの病気に罹患し、急いでペニスを元から切らないと死んでしまうという病気。

切っても繋いでくれる人がいるから大丈夫と言われ、自分で自分のペニスを元から切った。

ペニスをつないでくれるという老婆の家へ車で向かった。

老婆の家に着き、老婆と会えたところで目が覚めた。』

去勢の夢。

ペニスは象徴。

何かを得る為には、自分の一番大事なものを捨てなければならないという象徴的な夢。

何かを変えたいという象徴的な夢。

本当にやりたいことが、まだ出来ていないという象徴的な夢。

親とか先生とか、大文字の他者の影響から抜け出せずにいたけど、抜け出せた夢かもしれません。

私が本当にやりたいことが、私が心からやりたいことが、見つけられたのかもしれません。

それが、ペニスを切断した夢。

お教室の指導方針も変わると思います。

少しづつは、変えてきておりますが、新年度4月からははっきり打ち出しますつもりです。

もし、このブログを精神分析家が読んだら面白いでしょうね。