「やれば出来る」は禁句

どんなに頑張っても、やり方が間違っていると、出来るようにはなりません。

まずは、明確で具体的な目標を持つこと。

次に、目標を達成する為の戦略を考えること。

次に、目標を達成する為の具体的な計画を立てることです。

戦略が間違っていても、計画が間違っていても、目標は達成出来ません。

ピティナピアノコンペティションに参加される生徒さんは、明確で具体的な目標を設定していると思います。

受ける日にちも決まっていると思います。

いついつまでに、どのような演奏ができるようになっていれば良いのか考えて、練習計画やレッスン計画を立てて頑張ってくださいね。

私は、生徒さんの目標に関係無く、全ての生徒さんに対して、毎回のレッスンで10点満点が取れるレッスンをしております。

生徒さんの演奏は、日々変わります。

安定した演奏が出来るようになるには、耳を育てることが重要です。

精神状態によっても、テンポが変わってしまいます。

当日、最高の演奏が出来るようにメンタルも持っていかないといけません。

いつも最高の演奏のイメージを持って練習をしてください。

目指すものが低いと、思っている以上の演奏は出来ないのです。

イメージは、大切なのです。

イメージトレーニングも致しましょう。